安部談話への批判が相次ぐ

Posted By on 2015年8月15日

先日公表された安部談話がやたらと新聞やテレビで批判されていますが、私個人としては、今回の談話はあれでよかったのではないだろうか?とさえ思ってしまいます。

歴史認識を正しくすることは当然大事だし、それにそこから目を背けてしまうような政府では今後も発展は望めないと思います。

ですが、談話はその時の首相が自分の思うところを汲んで述べるものであることを考えれば、安倍首相が思うところを述べてくれればいいと思うんですね。

そこには、当然外交を意識した言葉の使い方など、制限が加わることだと思います。

一国の首相が述べる言葉と、単に批判をしている評論家が述べる言葉は全く重みや意味合いが違ってきます。

その点を考えれば、首相が談話を発表して批判されるのは当然というか、ごくごく当たり前のことではないかとさえ思ってしまいます。

About the author

Comments

  • Sidebar 3

    Go to Themes >> Widgets >> Sidebar 3 to add the widget of your choice or edit "main_sidebar".php.

"Miscellaneous Information"

Add your custom text here. Maybe a little something about you or your site or your dog or your car or your hobbies or...whatever. You get the picture. :)


About the author