漢方スキンケアでセラミドは生まれる?

Posted By on 2016年1月24日

皮膚のバリア機能を強化するというのは、アトピー性皮膚炎の人にとっては基本的な治療ではないかと言われています。

セラミドが増えてくれば、肌のはバリア機能が正常になうからですが、バリア機能が正常化すれば角質層での潤いが増し、角質層の潤いが増せば、肌表面でのアレルゲンから守ってくれるからです。

さて、このセラミについてですが、一般的に化粧品などで肌の外から補うという発想になりがちですが、漢方スキンケアでは体内でのセラミドを増やすという発想になっています。

漢方のなかにはセラミドを増やす生薬があるみたいなのですが、ここ最近になって、この生薬を配合した化粧品、つまり漢方処方の化粧品といってもいいものがあるみたいですね。

ただ、同じ化粧品であっても、漢方の場合は体内でセラミドの生成を促す作用があるため、この点は一般的なセラミド配合の化粧品とは大きく違う部分だといってもいいかも知れないですね。

About the author

Comments

  • Sidebar 3

    Go to Themes >> Widgets >> Sidebar 3 to add the widget of your choice or edit "main_sidebar".php.

"Miscellaneous Information"

Add your custom text here. Maybe a little something about you or your site or your dog or your car or your hobbies or...whatever. You get the picture. :)


About the author